読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ帳

子育てや日々のあれこれ

【子育て】 お弁当うまくなったね (アレルギー児のお弁当)

4月から、息子が幼稚園に通いだしたので、お弁当生活が始まった。

 

給食の日もあるのだけれど、いくつかのアレルギーを持つ息子は、

それだと「ごはんと果物」くらいしか食べられないので、毎日お弁当だ。

 

お弁当作りにもやっと慣れてきた頃~・・・と言いたいとこなのだけど、集団生活が初めての息子は、さっそく風邪をひき、治ったと思ったらまたなんかもらってきての繰り返しで、まだ数えるほどしか作っていない!!

 

 

で、今日。

 

 

なんと、朝お弁当を詰めていたら、息子から

 

「おかあさん、おべんとううまくなったねー」

 

なんと言われてしまいました!

 

正直、料理とかあんまり得意じゃない私が!

なのに変なチャレンジ精神出して、給食メニューと一緒にしようと作ったコロッケの衣が、ボロボロはがれて結局ただのじゃがいもだんごになっちゃったという私の弁当が褒められてるーーー!!!

 

きゃー!!うれしい!

 

ああ。おかあさんの頑張りを見ていてくれたのね・・・ほろり。

 

 

 

なんて感動もつかの間。

 

 

 

 

 

「いちごはいってるじゃーん。うまくなったねーー」

 

 

 

 

 

・・・・そうですか。いちごですか。はい入れましたよ。

 

給食では「みかん」ってなってたから。

でも手に入らなかったから入れましたよ、いちごをね。

弁当箱の穴埋めも兼ねてね。

 

 

 

そしてこの時、私はこどものお弁当作りにおいて、たびたび耳にする言葉を思い出したのだった。

 

 

《こどものお弁当は、まずは好きなものを入れてあげましょう》 

 

 

 

 

すばらしい言葉だったんだ!これ・・・!!

 

 

明日も息子の好きなものを入れて、またお弁当作り「うまく」なろう。

 

 

☆☆☆☆☆☆ ちょっとさかのぼった話(アレルギーのお弁当)

 幼稚園で「毎日お弁当を持参します」と伝えた時、「以前アレルギーで持参していた方は、給食に似せて作っていたので、よければ給食の献立表をお渡しします」と言われた。

 「はい」と答えたものの、心の中はプレッシャーでいっぱいだった。

 調味料がほとんど使えない上に、料理スキルが高くない私には、代替弁当なんて至難の業。

 でも、いざ献立表をもらってみると、これが楽しい。眺めているのが楽しい(笑)息子と共に眺めて、「あれがたべたい」「これは今は作れないかな」「これ何!?」なんて言いながら楽しんでる。

 改めて献立表を見てみて、やっぱり毎日チャレンジするのは無理だとも思うし、みんながこれを食べているのを、この子は見ているんだな、と思うと感じるものはある。でも、せっかくだから息子とあーだこーだ言いながら、試行錯誤もしてみたい。形にならなくても、一品だけだったとしても、工夫してみる楽しみを一緒にやっていけたらと思う。

 みんなは食べていて、自分は食べられない。このことがいろんな思いを息子に運んでくるだろう。それでも、その中に「楽しい」とか「面白い」を入れることも可能であってほしいと思う。

 今日は、一緒にお弁当を詰めていると、コロッケに使ったコーンフレーク衣(結局取れてしまったやつ)を「ごはんにかけてー」と息子が言ってきた。ごはんに!?かけるの??と私では思いつかないアイデア(笑)「やってみようか」とのっけてあげると、にんまり笑顔。そして小躍り。嬉しかったらしい。

【子育て】きげんのよくなるくり

先日、ちょっと旦那と言い争った。

というか、一方的に攻めていた。
(言葉がすぐにでる私と、言葉をよく考えてから発する旦那なので、いつもこうなってしまう)


すると、それを見ていた息子が・・・



「はい、おかあさん。きげんのよくなるくりだよ」


「あまいよ」



と、両手で栗のカタチをつくって私のところにきた。




ーーーしまった。


と、思った。
こどもの前でこんな姿をみせちゃだめだと。



頭で分かっていながら、一度出た不満が止まらなくて、「ありがとう」といいながらも、また旦那を攻め続けてしまう。






ーーーだめだ、早く止めないと。止めたい。



攻めながらも、頭の中は自分を止めたい気持ちでいっぱいになった。



なんとか口をつぐみ、落ちついてみる。






ーーーまたやってしまった。

という、悲しみと申し訳なさと、


ーーーこの子に何か返したい。すぐには無理かもしれないけど、こんな思いまたさせないようにしたい。絶対に。


という気持ちがわいてくる。




少し経って、息子とふたりになった。
傍らで悲しい顔をしている息子に聞いてみる。

「あまぐり、何個たべようか?」

「にじゅっこ」
「じぶんもたべるの、じゅうごこ」
「おとうさんはさんじゅっこね」


あらら、おとうさんが何故かいちばん多い(笑)


「ありがとう。食べるよーーおいしーー」


自分も一生懸命食べている息子。
「はむっ はむっ」


本当にごめんね、機嫌悪くさせちゃって。


そしてね、


「ありがとーーー!おいしーー!甘いの落ち着くな~~~。」


ありがとね。


「にっこりーーーーー」


最後はふたりでニッコリ。



「お母さんさぁ、またキーってなりそうになったらあまぐり食べるね。だから、何個かとっておくんだー」

「うん、またつくるからね」



ーーーまた作らせないように努力しなきゃな。
   


あまぐりの味思い出せば、少しずつそうしていけるかな。

 

【子育て】手作りメダル ひねくれていたあの頃に

息子が4月から幼稚園に通い出した。

家では王子様的振る舞いの息子。
でも外にでると愛想良く笑い、笑ってはいるけれど、いまいちコミュニケーションの取り方が分からないでガチガチな息子。

大勢の新しい出会いに囲まれて、緊張の連続のだろうに泣かずによく通っている。


ある日、通園バスから降りてきた息子は、すぐにカバンを開け、

「メダルもらったの」

とニコニコ顔で見せてきた。




手作りのメダル。
ピンクのクレヨンのお花と、゙よろしくね゛のメッセージ。白いリボン

たぶん、年中・年長さんが作ってくれたんだろう。


幼稚園の記憶はないけれど、私も小学生のころ新一年生に作ったことがある。
いや、正確にいうと、あの頃は作らされたという感じだった。

「こんなものもらって嬉しいのかね?」

なんて考えていた。

喜んでくれるなんて、微塵も思いもしないで。
たぶん、直接首にかけてあげるまでしたんだろうけど、やらなきゃいけないこととしてこなしていたんだと思う。




今になって、なんてもったいないことをしていたんだと思った。


息子はもらったメダルを誇らしげに首からさげ、家でも大事に飾っている。
翌日からも「ようちえんにもっていく!」と言うので、ギリギリまでつけていっている。

何より、それまであまり話すことのなかった幼稚園生活の話を、その日から話してくれるようになった。

まわりも、「つけていく!」という子は多いみたいで、各家庭メダル対策をとっている。(幼稚園まではつけていくなど)



こどもたちは、ほとんどが素直に喜んでいた。


なんだか、作ってくれた子たちに、この嬉しそうな様子を伝えたいなと思った。



あの頃の私にも、メダルをあげた子をよく見てほしい。

もしかしたら、喜んでいたかもしれないんだから。


でも、あの頃の自分はそんなの分からなかったかもしれないな。
いや、喜んでいたとしても、どうせ捨てるんでしょくらいのひねくれっぷりだったと思うし。


喜んでいる = 物を大事にする
喜んでいる = 笑顔

というのが成立しない子もいるわけで。




ただ、

「喜ぶだろうと思ってみるのもいいんじゃないかな」

なんて、家でのメダル息子の様子をみてたら、ちょっと無責任に、でも少しの確信も持って、ひねくれっ子の昔の自分に言ってあげたいなと思えた。

【子育て】続 おかあさんといっしょ

新お兄さん、ゆういちろうお兄さんになって数日が過ぎた。


息子は、ゆういちろうお兄さんが出るたびに、

「ほそい(細い)」


といって、ニコニコ(ニヤニヤかも…)しながらテレビに近づく。

そして、取る。


「ゆういちろうおにいさんとったー」


そして、特にお兄さんは何もしていないのに、

「おもしろいね」


と笑顔で言う。




まぁ、、


なんだかすごく気に入ったようで良かった。

そんなこんなで、とりあえず親子ともども、新生「おかあさんといっしょ」を楽しんでいます。

【子育て】おかあさんといっしょ

今日の放送で、だいすけお兄さんはお別れだった。

一昨日は息子とふたりで、お兄さんの最後のコメントを聞いた。

息子にも何かしら感じるものがあったのか、お兄さんのお別れのコメントが始まると、お膝に座ってきて手を握ってきた。

毎日みてきたからね。

お父さんと会えない日があっても、お兄さんには日曜日以外ほぼ会えていたからね(それもなんだか 笑)


そして緊張の新お兄さん発表。

ゆういちろうお兄さん。



息子、一言。



「かおがわかいね」







そりゃね、だいすけお兄さんに比べたらね(涙)



もっと若い我が子と、新しいお兄さんがどうなっていくのか、母としてはゆっくり見守っていきたいと思っているよ。


まぁ、お兄さんの方はあと何年見るかな?

息子が大きくなったら自然と見なくなるもんね。


・・・と、なんとなく、新年度に向けて息子の成長に思いをはせるのでした。

【鉄道】【子育て】 ありがとう01系銀座線

息子の鉄ぶりは、01系銀座線から始まった。

 

たまたま生まれた時に住んでいた場所が、銀座線沿線だったので、銀座線にはよく乗った。

 

よく渋谷駅まで行って、マークシティ車両基地から出入りする銀座線をいつまでも眺めていた。

 

1000系が出てきた頃は、二人で興奮した。

 

たまに1000系にのれると「ラッキーだね」「今日はいい日だね」なんて言って喜んでいた。

 

引っ越して、疎遠になっていた銀座線。

 

その間に、いつの間にか01系がレアになっていたんだね。

 

そして昨日ラストランの日を迎えたんだね。

 

行きたかったけど、「上野のパンダペッパーと一緒に見に行こうか」と息子に提案したら、パンダペッパーが恐怖だったらしく、断られたよ。とても残念だよ。

 

でも、01系銀座線のおかげで、息子はたくさんの電車を知ることになって、今では立派な子鉄だよ。

 

電車の知識もさることながら、電車から「ひらがな」「すうじ」「いろ」たくさんの知識が身に着いたよ。

 

特に、「いろ」ははじめ電車に見えていたんだから。

もちろん「きいろ」は「ぎんざせん」って言ってたよ。

 

01系、くまもんのところへ行っても元気でね。

 

いつか、想い出話と共に、会いにいけたらと思っているよ。

【子育て】【星】 いろいろあったのね

 

 

息子と、プラネタリウムに行く。

 

まだ3才なので、こども向けプログラム。

こぐまの「まくまくん」が、宇宙を旅する。

そして、春の星空案内も。

 

息子はまくまくん目当てなので、まくまくんが出てこないとソワソワしてしまう。

メインの星空案内ではソワソワしっぱなし(笑)

でも、ごくたまに、まくまくんの顔が出てくるのでその都度集中を取り戻す。

それに25分という短めのプログラムなので、なんとか本格的に飽きがくる前に終わった。

 

息子の感想は

「まくまくんかわいかったねー」

 

星はまだ身近でないからね。

夜は寝ちゃうしね。

いつか満点の星空を見たら興味も出るかな。

 

母としては、乳幼児子育て中にはほとんど触れない世界だったから、すごく楽しかった。

 

 

そして・・・

今回のプログラム、大人目線で気になったのが・・・

 

おおぐま座の説明。

 「おおぐま座は、もともとはカリストというとても美しい妖精だったんだ。

 いろいろあって、くまの姿になって空にあげられたんだよ。」

 

 

 

 

 

 

いろいろ!!!???

 

 

いろいろって!!!

 

 

いちばん大事な部分じゃん!!

 

きになるじゃん!!

 

 

 

 

・・・・・息子がお昼寝中に、おおぐま座・神話を検索したのは言うまでもない…!!