読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ帳

子育てや日々のあれこれ

【子育て】きげんのよくなるくり

先日、ちょっと旦那と言い争った。

というか、一方的に攻めていた。
(言葉がすぐにでる私と、言葉をよく考えてから発する旦那なので、いつもこうなってしまう)


すると、それを見ていた息子が・・・



「はい、おかあさん。きげんのよくなるくりだよ」


「あまいよ」



と、両手で栗のカタチをつくって私のところにきた。




ーーーしまった。


と、思った。
こどもの前でこんな姿をみせちゃだめだと。



頭で分かっていながら、一度出た不満が止まらなくて、「ありがとう」といいながらも、また旦那を攻め続けてしまう。






ーーーだめだ、早く止めないと。止めたい。



攻めながらも、頭の中は自分を止めたい気持ちでいっぱいになった。



なんとか口をつぐみ、落ちついてみる。






ーーーまたやってしまった。

という、悲しみと申し訳なさと、


ーーーこの子に何か返したい。すぐには無理かもしれないけど、こんな思いまたさせないようにしたい。絶対に。


という気持ちがわいてくる。




少し経って、息子とふたりになった。
傍らで悲しい顔をしている息子に聞いてみる。

「あまぐり、何個たべようか?」

「にじゅっこ」
「じぶんもたべるの、じゅうごこ」
「おとうさんはさんじゅっこね」


あらら、おとうさんが何故かいちばん多い(笑)


「ありがとう。食べるよーーおいしーー」


自分も一生懸命食べている息子。
「はむっ はむっ」


本当にごめんね、機嫌悪くさせちゃって。


そしてね、


「ありがとーーー!おいしーー!甘いの落ち着くな~~~。」


ありがとね。


「にっこりーーーーー」


最後はふたりでニッコリ。



「お母さんさぁ、またキーってなりそうになったらあまぐり食べるね。だから、何個かとっておくんだー」

「うん、またつくるからね」



ーーーまた作らせないように努力しなきゃな。
   


あまぐりの味思い出せば、少しずつそうしていけるかな。